忍者ブログ
週2更新を目標に、だらだらと日記やらアニメの感想などを書いています。                                                                 2007/01/10 開始
[715] [714] [713] [712] [711] [710] [708] [709] [707] [706] [705
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5日から会社と言うことで、冬休みも残すところあと2日らしいです。
休みの日数としては実質1日・・・・・・・・
今回は休暇使ったので1週間以上休んでいるので、もう会社にいきたくありません(^q^)

昨日、今日と会社の夢を見ました。
潜在的に会社のことを意識してしまい、拒絶している兆候が確認できます。



実写サザエさんに平野綾が出ていたようですね。
芸達者なマルチタレントだから仕方ないが、何だろうこの不愉快な気持ち・・・・・!!
デコビッチは全然悪くないはずなのに、何か安っぽく感じてしまう!

実写サザエとか誰得だよ。

途中からSASUKE見ていましたが、本気のアメリカ勢に対して日本の色ものぶりときたら。
そのくせ日本の誇りがryみたいなことを言うのは根本的におかしい気がする。

ミスターサスケの1stステージ敗退はもはや恒例行事^^
サスケも世代交代(笑)ですね。
結局2ndステージ途中で見るのをやめました。どうやら3rdステージで全滅したようです。






漫画の感想
・シドニアの騎士
最悪打ち切りも覚悟していました。表紙絵に長道が出てるし。
しかし、それを大きくいい意味で裏切られました。
シドニアの騎士も巻を増すごとにどんどん面白くなっていってます。

あの吹き出しの少ない弐瓶先生が、こんなにしっかり説明、補足を入れる漫画を描くなんて。
4巻では人物関係の立ち位置が大きく変化しています。
また物語の背景も少しずつ明かされていき、今後の展開が楽しみで仕方の無い内容でした。

BLAME!と比べると非常に読みやすいですが、BLAME!にはBLAME!の良さがあった。

長道、星白、岐神の関係が巧く三方向に分かれている。
これがこの物語の大きな楽しさの一つだと思います。


巻末の制作記を読むと、弐瓶先生は凄くアナログな人間のように思えました。
最後のページにある水着の星白がエロイ。弐瓶先生の絵なのに悔しい・・・・・ビクンビクン



シドニアの騎士(4) (アフタヌーンKC)
弐瓶 勉
講談社 (2010-12-22)



PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カウンター
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
忍者アナライズ
つぶやき
バナー絵
鉄仮面様 作
 
As様 作
カテゴリー
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright ©   冷しブログはじめました。   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]