忍者ブログ
週2更新を目標に、だらだらと日記やらアニメの感想などを書いています。                                                                 2007/01/10 開始
[1] [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ついに待望のシドニアの騎士10巻が発売されました。


シドニアの騎士(10) (シドニアの騎士 (10))
弐瓶 勉
講談社 (2013-05-23)

表紙からあふれ出るイザナのヒロイン力・・・・・。
スーツのデザインが

そしてアニメ化も決定しました。
期待と不安が交差するとは正にこのことです。

今回は溜め回ならぬ溜め巻だったのでしょうか?

10巻は面白かったのですが、
ラブコメ要素と本筋の占める量が半々くらいになってきている気がします。

面白いことは確かなのですが、
もうちょっと世界観(背景)に関する話がみたいです。

1巻から読み返してみたら、巻が増すごとに
ラブコメ要素が増えている気がします。(いいんですけど)

もう少し硬派路線でも~と言いたくなるの本当にギリギリのラインです。


10巻は終わり方があんな感じだったので、
以降どうなるのか~。早く続きが見たい。って気持ちがこれまで程ないです。

最近は死亡者数も大幅に減っているので、
11巻では弐瓶先生の黒い世界をみたいです。

でもつむぎには死んで欲しくないです。

イザナがメインヒロインとしてのポジションを着々と築いていますが、
個人的にはつむぎルート希望です^^


落合がここで死んでもおかしくないくらいの重傷を負ってしまいました。
マッドサイエンティストに怪我はつきものって言うことですね。


かなたについて
触手形態の頭部分にある跡は何かの傷跡なのか気になります。
かなたはもう目覚めなくていいんじゃない?

ガウナを友達って言ってる時点で、
そのまま戦わせるの無理じゃないですか^^?

落合が操作する前提で育ててたのでしょうか。


そしてついに出てきました、
臨界不測兵器:重力子放射線射出装置。

シドニアの騎士が時間軸的にBLAMEのずっと前のものなのか、
それとも過去作品の兵器を使ってるでけなのか考えてしまいます。


9、10巻はシドニア船団に関する話があまり見れなかったので
11巻ではその辺が見れることを期待しています。



 
PR
明日(8/17金)から会社です。
お盆休みも終わりです。
休み明け早々に客先行くとか辛いんですけど(´Α`)


もうシドニアの騎士8巻が発売してから1ヶ月近く経っていますが、
感想を書こうと思います。

7巻の感想が抜けてますが気にしてはいけません。
7巻も凄くよかったのですが感想を書く暇が・・・・・・・・。


シドニアの騎士(7) (アフタヌーンKC)
弐瓶 勉
講談社 (2012-03-23)



シドニアの騎士(8) (アフタヌーンKC)
弐瓶 勉
講談社 (2012-07-23)

毎回本当にいいところで終わります。
7巻では白羽衣つむぎの登場とオカリナ撃破と大きな動きがあったのに対して、
8巻はまた決戦へ向けた準備期間と、束の間の平和といった感じの内容でした。

本当にお勧めの漫画なので
読んだことのない方は是非とも御一読してもらいたい。
最近これっぽちも更新してません。

せっかくこのブログの更新を待ってる人がいたら、少しだけ申し訳ないです。

とりあえず更新するのがめんどくさくてしょうがないです。
申し訳ない。

記事になりそうな事は何かしらあるのですがとにかくやる気にならない。
そんな時間があったらダークソウルやってるって感じです。



夏季アニメも終わり冬季アニメの時期になりました。
1話の総評は今週中に書こうと思います。

しかし今期は見るアニメが少ない気がします。もっとSFものロボットものを出せと!!!

ガンダムAGE???
3話見逃した辺りから見てないですね。

今期は録画してもあとで見ようって思うアニメが殆どないです。

ちゃんと見ているのは覇権のフェイトゼロ、はがない、未来日記くらいではないかと思います。


劇場版マクロスF:サヨナラノツバサのBDが届いたり
シドニアの騎士6巻が出たり、

シドニアの騎士は相変わらずいい盛り上がり具合ですね。
本当に弐瓶先生が描いているのか疑いたくなる、分りやすい話の進み方だと思います。

これなら10巻くらいまではいってくれるのではないかと思います。
バイオメガは6巻で完結していたなんて信じられないですね。

どんどん弐瓶先生の漫画から黒が減っていっています。
巻を重ねるごとに絵が綺麗になっていっていると思います。

表紙は小林艦長らしいですね。

シドニアの騎士(6) (アフタヌーンKC)
弐瓶 勉
講談社 (2011-10-21)

6巻も非常に読み応えがあって面白かったです。4巻発売前の不安はどこへやら。

ついに落合の操るガウナが登場しました。
シドニア、落合、ガウナの関係バランスが素晴らしい。

長道がモテるのは当然のことだと思います。
シリアスな戦闘だけでなく、
戦闘の合間にあるサマリさんや煉の絡みによるコメディ要素があるのもいいですね。

ブラムの頃からは想像出来ません。

結局紅天蛾は破壊が不完全だったからまだ生きてるってことでいいのかな?

7巻ラストくらいには長道専用後継機が登場するのだろうか。
後継機ってだけでワクワクがとまりません。

一九式試作機は脚のまわりにトゲトゲがあるのが気になった。

岐神(落合)だけはCV:小西克幸さんで再生されます。

融合個体、谷風の後継機があればガウナは倒せる気がするが
落合の目的は何なのだろうか・・・・・・
ガウナと人間を融合させて生命体としての更なる高みへ・・・・・とかかな??

七巻が待ち遠しいですね。
 
昨日はシドニアの騎士5巻の発売日でした。
みなさんはちゃんと買えたかな??私はちゃんと買えました。



シドニアの騎士(5) (アフタヌーンKC)
弐瓶 勉
講談社 (2011-05-23)


今回も盛り上がり具合が凄いですね。4巻からどんどん面白くなっていきます。

シドニアの長道、ガウナの星白、落合に取り込まれた岐神。
3名の立ち位置の絶妙なバランス加減と、彼らをサポートする様々な登場人物。

BLAME!の頃から想像できただろうか・・・・・・・・

4巻から比較して絵の綺麗具合、白の増え具合がヤバいことになっています。
5巻終盤に紅天蛾が使っていたヘイグス粒子のフェクトは
イラストソフトの効果を使ってる気がしました。

モニターが一気に消えるところとか、ラストの紅天蛾が出てくるところとか
見開きの絵がヤバい。こんなに印象に残るのは久しぶりな気がします。


シドニア血線虫はラダムと近いものを感じる。
サボテンに落合のコピーデータを隠しておいて、
それをトクシーヌに守らせていたのではないかと思います。

補助脳を管理していたあたり、岐神と落合は古くから関係があったのではないかと思います。

血線虫みたいなタイプはしっかり人格があるあたりたちが悪いですね。

激化する人類とガウナの戦い。シドニアの裏面に暗躍する落合。
弐瓶先生は裏街道をばく進する作風に対して、シナリオは常に王道を走っている気がします。


5巻もラストの引きがうま過ぎて困ります。
次巻が待ち遠しいです。

巻末に予告ページ見たいのが欲しかった。




【まどか☆マギカ】うめ先生のRKGKMDKが29日午前3時から前回の2倍以上の量で販売再開!!


奇跡も魔法もあるんだね(´;ω;`)ウッ…


ついに火狐が自動更新で4.0.1へアップデートされました。

使用感覚はエクセル2003から2007に変えた時に近いです。

処理速度なども相当上がっているようで、ツイッターも今のところ快適に動いていますが
一部のサイトを見るときは中々読み込みに時間がかかっていました。
アクセスが集中してたんだろうきっと・・・・・・・・



Twitter民完全死亡 同僚や家族でTwitterやってる人をIPから辿れるように


ツイッターが身内特定されやすいようになったらしいですが
身内がいようとありのままのツイートをしてて、そんなに身内のいない俺に隙はなかった。


偶然ちらっと見かけて知りましたが5/23にシドニアの騎士5巻が発売となります。
楽しみでしょうがないです。





表紙は星白・・・・・・ですよね?→纈でした。全然わからんかった。


弐瓶先生の絵から受ける印象が大分違います。
もうあの頃の弐瓶先生の絵には見えません。何とも言えない気分です。


来週はまどかマギカBD2巻、シドニアの騎士5巻発売とワクワクがとまらない!!

カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者アナライズ
つぶやき
バナー絵
鉄仮面様 作
 
As様 作
カテゴリー
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright ©   冷しブログはじめました。   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]