忍者ブログ
週2更新を目標に、だらだらと日記やらアニメの感想などを書いています。                                                                 2007/01/10 開始
[1] [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

と言うわけで、亡国のアキト見てきました。

いつも通り横浜ブルク13で見てきました。
公開から約10日経っているの割と空いてました。

134306307264113128769.jpg


上映中、
隣の席の人が袋入りの菓子ずっと食べてる音でイライラがマッハでした( #^ω^)ピキピキ

今回はめぐり合わせが悪かったか・・・・・・。


本編は1章ということもあり、
本当にさわりだけで終わってしまったような気がします。
また、1章にしては本編内での主要人物への大きな変化がありませんでした。
むしろ既に起きた後といった感じです。

まだまだこれからだと思います。やっぱり1時間は短すぎますね。


ガンダムUCと比べるとどうもテレビシリーズっぽい雰囲気と物足りなさを感じました。

わざわざ映画館でやらずとも、
テレビシリーズでやればいいじゃないかと・・・・・思ってしまいます。


レイラちゃんが可愛かった。
EDのイラストがテレビシリーズと同じ仕様なのがよかった。

2章はどうするか~。観に行く?って思ってたら
予告で出ちゃいましたよC.Cが・・・・・・・。

これだよ・・・・・・いつも俺のハートをがっちりキャッチ!!


なら観に行くしかないじゃないか。

今後の展開に期待しています。
PR
ついに新しい自転車を買いました。
高校から使っている10年来の付き合いだった自転車とついにお別れの時が来ました。
今まで、ありがとう(´;ω;`)ウッ…。

正直ワンピースのメリー号なんかより、俺たちのほうがずっと付き合い長いんで!!


というわけで
やっと劇場版BLOOD-C The Last Dardを見てきました。

いつもだったら横浜ブルク13で見るのですが、友人の都合でじぶしぶ池袋で観ました。

新しい自転車買ったので池袋までは自転車で行きました。
道に慣れれば片道30分切れそうな気がします。

相変わらずと言いますか、
池袋シネマサンシャインでは映画を見る際に、何かしらの不都合が毎回起きます。

今回は最後尾の席だったので、
前の席の天パーがスクリーンinするような事態はなかったのですが
席を立つ人間が多い。一人は壁にぶつかったりしてたし。マジ何なの?!死ねばいいのに。

やはり横浜ブルク13が最高の映画館だと思います。
異論がある人は是非とも言ってください。




↑PVのサムネに悪意を感じる・・・・・もう少し他にあったでしょ・・・・・・。

前置きが長くなりましたが、映画の感想です。


正直、超微妙でした。

テレビシリーズとはまったくの別物といいった感じです。
作画は劇場版ということで超綺麗なのですがBLOOD-Cっぽさが全く感じられませんでした。


考察厨の私には中々辛い内容でした。

小夜の孤高の美少女ぶりが素晴らしかったくらいしかフォローができません。
あと、諏訪部さん演じる九頭は良かった。(途中までは)

どうしてこうなった・・・・・BLOOD-Cの”C”はやはり茶番のCだったのか・・・・・・

期待して見に行ったのに・・・・・・・こんなはずじゃなかった・・・・・・。


いつものように週末は3連休なわけですが、終わらない仕事の内容が頭の片隅から離れない・・・・・・

花咲くいろはを見るとし、緒花はいつでもぼんぼってるから、
自分も仕事をボンぼりたいと思います。



というわけで、劇場版そらのおとしものを見てきました。
top_img.jpg

映画を見る前日に遊びに行った友達の家で散々ネガキャンされて困りました。
映画を見てない奴に感想を言うとか何なのバカなの??

自分の中でも限界までつまらないかもしれないと保険はかけていましたが
やはり自分で思っているのと、人に言われるのでは全然影響が違うわけです。


見終わった感想としては、思っていたよりは全然楽しめました。
逆にどこがつまらなかったのか細かい点を聞きたいですね。

今回の劇場版では、
そらのおとしものは完結していない。
原作も連載中。
まだまだ作品内容に関するのりしろがある。

上記3点の理由から
先日に友人が言っていた、「テレビでやれ」と言っていた件についてはかなり同意してしまいました。

仮に、今後そらのおとしものの3期があるのであれば
映画の内容事態は面白かったですが、
今回の劇場版は、わざわざ映画で行う内容としてはあまりいいものではないと思います。

劇場版で完結するわけでもないのに、物語の核心に迫る部分がありました。

続きをテレビ版でやるにしてもやらないにしても中途半端な形になっていると思います。
今後どういう風につなげていくかが気になるところです。



キチガイが周りに聞こえる声で何か言っていたり、携帯電話?か何かの音が鳴ったりと
映画の内容以前の問題が多かったのが残念です。

マナーの足りない低能さんには死んでほしいですね^^


話の内容としてはいささか微妙なところもあったかもしれません。
劇場版も回想部分が多かったとはいえ、
そらのおとしもの独特のギャグとシリアスのバランスは建材に思えました。

後半の戦闘シーンや作画は劇場版クオリティでめちゃくちゃ綺麗でした。
なんだかんだで結構たのしめて面白かったです。



今週末は第二の故郷、厚木で焼肉食べたり
クライミングいったり、劇場版マクロスF サヨナラノツバサ見たりと中々リア充な生活でした。

花粉が凄いらしく、目がかゆい、鼻水が出たり、鼻がつまったり、喉が痒かったりと
中々辛いです。体もなんかだるい。



サヨナラノツバサはとてもよかったです。イツワリノウタヒメ、テレビ版が嘘のようだ。

思ったよりもグロ描写が細かくて驚いた。凄くいいと思います。

予想よりも遙かにいい出来でした。映画館で見た甲斐がありました。
ブレラの活躍シーンがしっかりあったことに大満足です。制作は俺の気持ちを分ってくれていた。




劇場版マクロスF サヨナラノツバサ netabare album the end of”triangle”
シェリル・ノーム starring May’n&ランカ・リー=中島愛 produced by 菅野よう子
flying DOG (2011-03-09)
売り上げランキング: 4



というわけでやっとこさ劇場版 蒼穹のファフナー見てきました。

公開してから結構日が経っているので空いてるかと思ったら満席でした。
凄いね。
甘く見てました。



仮面のメイドガイ13巻 「人類の夢の終着点… 新妻メイド!」


まだやってたのかよこの漫画www


2月末には劇場版マクロスF「サヨナラノツバサ」が公開です。
ストーリーはオリジナルなんですかね??

ランカとシェリルと二人もヒロインいるけどアルトはどっちかを選ぶの??
また、お前達が俺の翼EDですかね。

イケメンの生存フラグはあるのか。

完結編では今度こそ、サイボーグという点が考慮されているブレラの戦闘シーンがみたいです。

歌を歌ってるところとかどうでもいいんですよ。

マクロスF見てるのにマクロスプラス見てない奴は見るべき。
ゴースト(AIによる無人機)の人間には出来ない変態軌道がどれだけ凄いかを知れば
ブレラの動きがおかしいことに気づくだろう。

テレビ版マクロスFでブレラがアルト相手に被弾してるのが納得いかなかった。
そもそも限界速度が違うんだから、本来アルトはブレラを補足することすら難しいはずなのに・・・・・

私はマクロスプラスとFしか見ておりませんが、
板野のお家芸であるミサイルサーカスによるハイスピード弾幕アクションが売りで
正直ストーリーはどっちも微妙だと思っています。


何だかんだでたぶん観に行くと思います。


カウンター
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
忍者アナライズ
つぶやき
バナー絵
鉄仮面様 作
 
As様 作
カテゴリー
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright ©   冷しブログはじめました。   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]