忍者ブログ
週2更新を目標に、だらだらと日記やらアニメの感想などを書いています。                                                                 2007/01/10 開始
[62] [61] [60] [59] [58] [57] [56] [55] [54] [53] [52
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

友達はよくバイト場に漫画を持ち込んでくる。大体は店長しか読まない。
厳密に言うと私は読むのが遅いので読む暇がないの!!

もって来る漫画はなんと言うか・・・独特のものが多いというか・・・・
ヘルシングはまだいい部類な気がする。

二言目には大体 「深いんだよ」  っていう。

今回アバラというバイオメガの作者の書いた漫画を読んだのですが

結構面白かったね~  うん

細かい感想はこちら
ネタバレ多し。みんなも読んで見てね。

作者の世界観はどちらの漫画もあまり変わって無い気がするね。
ベタの塗り具合は職人がかってますねさすがプロ

作者のガウナのデザインやグロイ描写はセンスがあってうまいですね。
ただ主要キャラとカスキャラとの描き方の扱いの差がありすぎる気がする。
電次と造一はそっくり過ぎるぞ!使いまわしかとと思ってしまったぞ。
なんか2つの漫画を通して似てるキャラが多いい。

この漫画は戦闘シーンのスピード感、クオリティ、なまなましさのレベルが
非常に高いと思います。特になまなましさがいい。手や頭の飛び方
体の壊れ方がいい!!もの凄い現実味がある。現実の殺し合いも
あんな感じになると思う。
ただゴシック体での擬音表現はやめた方がいい。個人的にはない方がいい。
あれだけ描写が上手いのだから擬音など無くても伝わってくる。

そろそろ漫画の感想書こう。
1番印象に残ったのは下巻の那由多の にひひひひ と笑うコマですね。
彼女の笑顔とは裏腹に悲しさがこみ上げてきた。
人の業の深さ。汚さをより酷刑に表してるように感じた。

好きな戦い
クオリティの高さでは亜由多の操る黒ガウナと白ガウナの戦い。
白ガウナになった亜由多と電次の戦いも捨てがたい。
ホントクオリティ高いよ。

熱さでは電次と那由多の共闘のとこですね。
共闘というとこがいい!!

胞子船の行き先はどこだったのかな??遠い未来??過去??
はたまた遠い別の次元の彼方か・・・・


胞子船の発射による周りの消滅??から二人を守る亜由多にも涙・・・・
二人の行き先には同じ形が安定したガウナが。あれは白ガウナ
なのかな??見た目は完全に黒ガウナだったが。
電次、那由多と同じ境遇であそこに飛ばされた者達の集まりなのかな??

この漫画は最後もそうだが設定でもあいまいなとこが多い。
読者の想像に任せるタイプなのかね??
ガウナの起源。胞子船の行き先。第四紀連。このあたりの設定がしっかり
していたらバイオメガはまだ連載されていない可能性があるね。
と言うかアバラはまだ完結していないだろう。
作者は設定はあるがあえて描かなかったのかもしれない。
確かに謎が謎を呼んでるよ。

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
忍者アナライズ
つぶやき
バナー絵
鉄仮面様 作
 
As様 作
カテゴリー
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright ©   冷しブログはじめました。   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]